産業廃棄物の内容

産業廃棄物の内容(法第2条)


産業廃棄物名 定   義 具 体 的 例 示



燃えがら  事業活動に伴い生ずる石炭がら、灰かす、焼却残灰、炉清掃掃出物等。(一般廃棄物の焼却灰は一般廃棄物)  灰かす、石炭がら、コークス灰、燃焼灰、廃棄物焼却灰、炉掃出物、煙道・煙突に付着したすす等
汚でい  工場廃水等の処理後に残るでい状のもの及び各種製造業の製造工程において生ずるでい状のもので、有機性及び無機性のすべてのもの。
  1. 有機性汚でい:製紙スラッジ、下水汚でい、ビルピット汚でい(し尿の混入しているものを除く。)、活性汚でい(余剰汚でい)、糊かす、うるしかす。
  2. 無機性汚でい:浄水場沈でん汚でい、中和沈でん汚でい、凝集沈でん汚でい、めっき汚でい、砕石スラッジ、ベントナイト汚でい、カーバイトかす、石灰かす、ソーダ灰かす、ボンデかす、塩水マッド、廃ソルト、廃触媒(液相で使用したもの)、釉薬かす、けい藻土かす、各種スカム(油性スカムを除く)、赤でい(汚でいと廃アルカリの混合物)
廃油  鉱物性油及び動植物性油脂に係るすべての廃油。  潤滑油系廃油(スピンドル油、冷凍機油、ダイナモ油、焼入油、タービン油、マシン油、エンジン油、グリース等)、切削油系廃油(水溶性、不水溶性)、洗浄油系廃油、絶縁油系廃油、圧延油系廃油、作動油系廃油、その他の鉱物油系廃油(魚油、鯨油、なたね油、やし油、ひまし油、大豆油、豚脂、牛脂等)、廃溶剤類(シンナー、ベンジン、トルエン、トリクロロンエチレン、テトラクロロエチレン、アルコール等)、消泡用油剤、ビルジ、タンカー洗浄排水、タール・ピッチ類(タール・ピッチ、アスファルト、ワックス、ろう、パラフィン等)、硫酸ピッチ(廃油と廃酸の混合物)、廃白土(廃油と汚でいの混合物)。
廃酸  廃硫酸、廃塩酸、有機廃酸類をはじめとするすべての酸性廃液。
 中和処理した場合に生ずる沈でん物は汚でいとして取扱う。
 無機廃酸(硫酸、塩酸、硝酸、フッ酸、スルファミン酸、ホウ酸等)、有機廃酸(ギ酸、酢酸、シュウ酸、酒石酸、クエン酸等)、アルコール発酵廃液、アミノ酸発酵廃液、エッチング廃液、クロメート廃液、写真定着廃液、ホルマリン
廃アルカリ  廃ソーダ液をはじめとするすべてのアルカリ性廃液。中和処理した場合に生ずる沈でん物は汚でいとして取扱う。  洗ビン用廃アルカリ、石灰廃液、廃灰汁、アルカリ性めっき廃液、金属せっけん廃液、廃ソーダ液、アンモニア廃液、脱脂廃液(金属表面処理)、写真現像廃液、か性ソーダ廃液、硫化ソーダ廃液、けい酸ソーダ廃液、か性カリ廃液。
廃プラスチック類  合成高分子系化合物に係る固形状及び液状のすべての廃プラスチック類  ポリウレタン、スチロール(発泡スチロールを含む。)、ベークライト(プリント基板等)、農業用フィルム、各種合成樹脂系包装材料、合成紙、写真フィルム、合成皮革、合成建材、合成繊維(ナイロン、ポリエステル、アクリル等)、ポリ容器類、電線の被覆、廃タイヤ、ライニングくず、ゴムつきビートくず、廃ポリマー

TOP 一つ前に戻る 法第2条 政令第1条